1
2
4
5
6
7
8
9
10
previous arrow
next arrow
1
2
4
5
6
7
8
9
10
previous arrow
next arrow

「古き良き文化」と「今の暮らし」を生かし合う新築住宅
[うるま市のおうち]

「うるま市のおうち」は、お施主様と約3年半かけて進めてきたプロジェクト。
沖縄の古き良き文化や風土のあり方を取り入れ、お施主様であるご家族の「私たちらしい暮らし」に寄り添う、心地よさや使い勝手の良さを大事にしたおうちです。

お施主様と、コンセプトづくりから丁寧にお話を重ねさせていただき、地域の事業者様、職人の方々と共に創らせて頂いたおうち。

木造の平屋建ての造りに、屋根は、漆喰で抑えた伝統的な赤瓦。

琉球石灰岩を使った外回り、「ヒンプン」と呼ばれる伝統的な塀、沖縄で取れた赤土を混ぜた床や壁など、沖縄の文化様式をふんだんに取り入れています。

内部は、木組みで、柱や梁などの構造材を敢えて見える状態で仕上げる「現し」という手法を用い、壁や天井を極力作らないオープンな空間となっており、おうちの中心にはキッチンやダイニングを配置し、家族が集まり、会話が行き交う場所となっています。

また、開放的な開口部によって明るく風通しの良い空間であるとともに、一間分の広さをとった大きな縁側は、おうちの外と内とが優しく自然と繋がる空間となっています。

利用するお湯は太陽熱温水器を活用し、自然のエネルギーを肌で感じられます。

木の香り漂い、沖縄の風土や文化、職人の方々の技術が感じられ、多くの方が集い憩う空間となるような、、
まるで、おうち自体がこのおうちであることを喜んでいる、
そんな家になることを目指し、設計しました。

2022年度の「第8回沖縄建築賞」にて「奨励賞」を受賞しています。

完成:20227月竣工
所在地:沖縄県うるま市

1 2
2 2
3 2
4 2
5 2
6 2
7
previous arrow
next arrow
1 2
2 2
3 2
4 2
5 2
6 2
7
previous arrow
next arrow

豊かな里山の風景と調和する農作業小屋
[蒜山耕藝]

自然豊かな岡山県蒜山にて、農家とレストラン「くど」を運営されている「蒜山耕藝」様。

ようびは、以前に、こちらのレストランの家具や内装、建築に、携わらせて頂いたご縁があり、
新たに、農作業小屋のコンセプト作りから設計、建築、施工まで担当させて頂きました

収納サイズや使い方のイメージをヒアリングさせて頂き、
限られた予算とスケジュールの中で、自然豊かで情感あふれる場にふさわしいデザインを追求

足場丸太という、細い杉の間伐材を使い、鉄線で固定するという作り方を取り入れました。
共に施工に携わって頂いた現場の熟練の大工さんの感覚も参考にさせて頂きながら、
垂直、水平、斜めと、あらゆる方向に対し、効果的に木材を組んでいくことで強度を保ちます。

牧歌的な場の雰囲気に合いながらも、今までになかったデザインの農作業小屋が出来上がりました。

完成:2019
所在地:岡山県真庭市蒜山
事業者:蒜山耕藝

193357100_4839579809402098_818110493255978669_n
192344377_4839580269402052_3167784889300512220_n
193173968_4839580526068693_1911403619061420983_n
previous arrow
next arrow
193357100_4839579809402098_818110493255978669_n
192344377_4839580269402052_3167784889300512220_n
193173968_4839580526068693_1911403619061420983_n
previous arrow
next arrow

大崎下島 介護×ものづくり
[Nurse and Craft Fablab]

広島県の瀬戸内海に浮かぶ島である、大崎下島の久比という地域にて、介護士さんが、実際の訪問介護だけではなく、3Dプリンタなどの最新のデジタルファブリケーションを使って、患者さんの体の動きをサポートする「自助具」をつくりだすという、「介護×ものづくり」の新しい介護の仕組みで活動を進めておられる「Nurse and Craft」様のFablabを設計施工させていただきました。

建物は築150年以上の木造古民家の長屋門。

1Fはギャラリーとして、前の通りと、敷地内部の庭をつなぎ、2Fは実際に加工場として機能するFablabとして設計を行いました。
実際の施工の際には、Nurse and Craftの方々や「一般社団法人まめな」の方々とワークショップを重ねることで、建物が使い始められる当初から、地域の方々にとって愛着のある空間を生み出しました。

内部は、Fablabらしさと、Nurse and Craft様のロゴにも由来する久比の風景である「波」と、時を重ねた美しい皺のイメージをデザインに反映しました。
什器類は、青い色紙が挟みこまれた特殊な合板や、廃棄される岡山産のデニムをアップサイクルした素材を利用。
Shopbotで波状に加工した意匠としながらも、木造古民家としてのポテンシャルである立派な松梁や、既存の壁をいかし、古くからの雰囲気と、デジタルクラフトを融合させた意匠となっています。

完成:20216
所在地:広島県呉市豊町久比
事業者:Nurse and Craft 合同会社

10
11
12
13
previous arrow
next arrow

学びの複合型施設
あるものからはじまる場「あいだす」

瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな島、大崎下島久比地区にて、多角的な活動をされている「一般社団法人まめな」様が、2022年2月、オープンされた新しい複合型施設「あいだす」

明治時代に建てられた邸宅を、大規模にリノベーションし生まれたこちらの施設は、
パブリックスペースやライブラリー、バー、子供番台などを備え、
「あるものからはじまる場」をコンセプトに、
世代や専門性を超えて、誰もがクリエイティブに関わり合い楽しめる場となっています。

こちらのプロジェクトにおいて、ようびは、設計から施工までトータルで担当させて頂きました。

建物は、年月に伴い大変劣化はしていたものの、
柱や梁、屋根や瓦などは、とても貴重な素材が使われ、丈夫な作り方をされていました。

劣化した箇所や黒ずんだ部分に、十分な補修を施すことで、
歴史を重ねた建物ならではの良さは残し、
段差を無くしたり、床はフローリングに張り替え、
仕切りとなっていた襖や壁は取り払い、一部透明なガラスを入れるなど、
開放感と、現代の私たちにとって使い勝手の良い意匠を凝らしました。

建材は、地元の木材屋さんから仕入れた、国産のスギやヒノキをふんだんに使用しています。

その地域で長年暮らしを続けているまめなの方々との丁寧なコミュニケーションと、
設計から施工までを兼ねさせていただいたことにより、
実際に施工を重ねるなかで、子供の視点やご高齢の方などの視点で見て、触れて、そのフィードバックを設計に落とし込んでいく。
その繰り返しにより、誰もが心地よく過ごせる、そんな空間を形にさせていただくことができました。

完成:2022年2月
所在地:広島県呉市豊町久比
事業者:一般社団法人まめな

1
2
3
4
5
6
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
6
previous arrow
next arrow

集落をまるごと再生したプロジェクト
【glaminka SAYO集落】

glaminka SAYO集落は、兵庫県西部の佐用郡佐用町の集落を、グランピングやアウトドア、ワーケーションの拠点へとまるごと再生した、一棟貸切型グランピング施設です。
TEAMクラプトン様を中心に、ようびを含むさまざまなチームが集落内の古民家をそれぞれのアイデアでリノベーションし、一つの集落の中で、多様な文化や物語を持つ空間を体験し、楽しめる場となっています。

ようびは、4棟の宿泊棟のうち、「YOUBI棟」の建築設計及び施工管理を担当させていただきました。

担当した古民家が養蚕をしていた家庭だったため、その歴史を汲み取り、蚕の繭を模した寝室や瞑想スペースを製作。地元の竹を使って骨組みをした、白く、柔らかな曲線で包まれる空間は、まるで自分が生まれ変わるような、 非日常的な感覚を味わえます。

回収の際に出た土をキッチンカウンターの什器に使用したり、茅葺の屋根の茅を、壁を塗る際に刻んで入れるなど、限られた予算と時間の中で、地域にある素材を新しい形で生かすことも大事にした、伝統と新しさとを融合させたデザインを実現しました。

完成:2021年
所在地:兵庫県佐用郡佐用町
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:宿泊施設
構造:木造2階建て
建築面積:157.93㎡
延床面積:173.45㎡
事業者:株式会社glaminka

2
5
previous arrow
next arrow
2
3
4
5
previous arrow
next arrow

大自然の中のアウトドアサウナ
「ume, sauna」

ume,saunaは、奈良県山辺郡山添村という小さな村にあります。
空に浮かぶような高台にある竹林に囲まれた古民家宿 「ume,yamazoe」に作られた、自然と一体となるようなロケーションのアウトドアサウナです。

ようびは、建築設計及び施工管理を担当させていただきました。

山添村産の杉の角材を使い、天然の塗料で染めたサウナ室内では、「木から宿った生命(火)で、めざめる」という想いから、地域産材を活用した薪ストーブで室内を温めています。
特産の大和茶のロウリュの香りが優しく漂い、自然光の入り方やライティングにも意匠を凝らした、落ち着いた静寂な空間です。

極め付けは、大自然の中で外気浴のできる屋上ウッドデッキ。
木々のざわめきを聴きながら、ときには雲海が見られるような、唯一無二の幻想的な風景を楽しめる、ここでしか体験できないサウナとなりました。

完成:2020年4月
所在地:奈良県山辺郡山添村
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:サウナ
構造:木造平屋建て
建築面積:7.22㎡
延床面積:7.22㎡
事業者:株式会社梅守本店

6
3
×
1
2
4
5
9
10
14
8
7
11
12
13
15
16
蓄熱タンク
previous arrow
next arrow



焚き火に集う宿泊型ミーティング施設
〔TAKIVIVA〕



群馬県 北軽井沢のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」。
2020年9月、焚き火に集う独創的な宿泊型ミーティング施設「 TAKIVIVA」をオープンされました。
ようび建築設計室 は施設内の「SHELTER」と「ReGo」を設計・施工させて頂きました。

「SHELTER」と「ReGo」は築33年のコンクリート造の建物をリノベーションした施設の1階と2階に設置。
1階の「SHELTER」はチェックインの機能を持つ場であり、焚き火を囲むプリミティブで非日常的な屋外空間と繋がる前の、導入の場として設計しました。
都会から来る人々にとって親しみのあるアーバンな雰囲気であることと、天井を取っ払う、開口部を大きく開けるなど、
外部との行き来がしやすい開けた空間であることを意識しています。

2階のREGOは宿泊施設。「静かに内省できる空間」を意識し、天井高をギリギリまで下げる、
光を出来るだけ落とし暗くする、などで洞窟感を演出し、自然と自己との対話が始まるような環境に設計しました。

他にも、運営元である「有限会社きたもっく」様の事業の一環でもある「地場材から薪エネルギーを作り活用する」
を当建物でも実現するために、薪ボイラーを導入。施設内の暖房と給湯を薪エネルギーで賄っています。

それぞれの要素が複雑に絡み合い、利用者の創造性を引き出し新しい可能性
を紡ぎ出す。今までにない価値を生むことが出来る施設となりました。

完成:2020年8月
所在地:群馬県吾妻郡長野原町
事業者:有限会社きたもっく








4
1
2
9
3
5
FIL1

previous arrow
next arrow
4
1
2
9
3
5
FIL1
previous arrow
next arrow

風景に溶け込む木造平屋建て
FIL

敷地西側を流れる万願寺川沿いには、桜並木が連なり、周囲を田、その向こう側には小国杉の美林が広がる。
自然豊かな風景に対して、開きながらも、溶け込むように、細長い平屋建てとし、
地元小国杉の連続した登り梁に意匠と構造を担わせた。

F a b L a b、アロマ抽出工場、アンテナショップという機能もさることながら、
これから家づくりを考える人にとって、小国杉と木造の魅力を伝える施設となった。

FIL HOMEPAGE
https://fillinglife.co/

完成:2017年3月
所在地:熊本県阿蘇郡南小国町
設計:ようび建築設計室
監理:ようび建築設計室
施工:鞭間工務店
用途:店舗、作業所
構造:木造平屋建て
建築面積:161.61㎡
延べ床面積:124.21㎡

1 (2)
3_サイズ調整
5 (2)
6_解像度調整
9 (2)
10 (1)
13
7
15_サイズ調整
16
s_21
ようび本社_サイズ調整
20

previous arrow
next arrow
1 (2)
3_サイズ調整
5 (2)
6_解像度調整
9 (2)
10 (1)
13
7
15_サイズ調整
16
s_21
ようび本社_サイズ調整
20
previous arrow
next arrow


西粟倉村 ようび本社 再建工事
ツギテプロジェクト

本プロジェクトは火災によって全焼したようび本社の再建プロジェクトである。
5500 本以上の9cm 角の杉材を使い、ようびのメンバーと地元の大工さんはじめとする職人さん、
300 人( 延べ600 人) 以上のツギテノミカタという応援してくださった方々が
全国各地から材料の加工や建て方の手伝いに来ていただき、一緒につくった。

平面計画はようびにはかかせない「森の食卓」は建物の中心にあり、
社員が全員集まる場所であったり、客人を招く場所であったりする。

「作業室」は明るく働きやすい環境であること、またオープンファクトリーというコンセプトで
作業している姿が見えるよう外装は複層ガラスで覆われている。

「日用品店」は約9mの吹抜け空間越しに西粟倉村の田園風景が望める絶好の場所となっている。

また家具を作る際にでる端材を薪ボイラーの熱源として利用し、基礎コンクリートに温水を循環させる
蓄熱式床暖房を採用しており、自律していく建築をめざしている。

完成:2018 年3 月
所在地:岡山県英田郡西粟倉村
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:作業所、事務所、店舗
構造:木造2階建て
建築面積:589.02 ㎡
延べ床面積:812.74 ㎡   

15c5a9ebd81618_HLOGNQJPFEKMI
7 (1)
1 (1)
木回廊
6 (1)
9
あわくらんどイラスト図面_サイズ調整
previous arrow
next arrow
15c5a9ebd81618_HLOGNQJPFEKMI
7 (1)
1 (1)
木回廊
6 (1)
9
あわくらんどイラスト図面_サイズ調整
previous arrow
next arrow

改修前

改修後

西粟倉村 道の駅あわくらんど
木回廊改修工事

西粟倉村の玄関口にあたる道の駅あわくらんど。
その裏の河川沿いにある「木回廊」の改修設計・監理を行いました。

以前までは建物の裏ということもあり、人気が少ない散歩道となっていました。
今回の計画で、木回廊から建物へのアプローチを取り入れ、
地元の杉材をふんだんに使用した壁面デザインを用いることで、人の流れをつくり、
広場を計画することで、人が集まり、にぎわいのある空間になしました。

また、木材を多く使用しながら耐久性を向上させることにも注力し、長く愛される、西粟倉村の新たな見どころを創出しました。

完成:2018年 3月
所在地:岡山県西粟倉村道の駅あわくらんど
設計:ようび建築設計室
事業者:岡山県西粟倉村