previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

西粟倉村 ようび本社 再建工事
ツギテプロジェクト

本プロジェクトは火災によって全焼したようび本社の再建プロジェクトである。
5500 本以上の9cm 角の杉材を使い、ようびのメンバーと地元の大工さんはじめとする職人さん、
300 人( 延べ600 人) 以上のツギテノミカタという応援してくださった方々が
全国各地から材料の加工や建て方の手伝いに来ていただき、一緒につくった。

平面計画はようびにはかかせない「森の食卓」は建物の中心にあり、
社員が全員集まる場所であったり、客人を招く場所であったりする。

「作業室」は明るく働きやすい環境であること、またオープンファクトリーというコンセプトで
作業している姿が見えるよう外装は複層ガラスで覆われている。

「日用品店」は約9mの吹抜け空間越しに西粟倉村の田園風景が望める絶好の場所となっている。

また家具を作る際にでる端材を薪ボイラーの熱源として利用し、基礎コンクリートに温水を循環させる
蓄熱式床暖房を採用しており、自律していく建築をめざしている。

完成:2018 年3 月
所在地:岡山県英田郡西粟倉村
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:作業所、事務所、店舗
構造:木造2階建て
建築面積:589.02 ㎡
延べ床面積:812.74 ㎡   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です