previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

集落をまるごと再生したプロジェクト
【glaminka SAYO集落】

glaminka SAYO集落は、兵庫県西部の佐用郡佐用町の集落を、グランピングやアウトドア、ワーケーションの拠点へとまるごと再生した、一棟貸切型グランピング施設です。
TEAMクラプトン様を中心に、ようびを含むさまざまなチームが集落内の古民家をそれぞれのアイデアでリノベーションし、一つの集落の中で、多様な文化や物語を持つ空間を体験し、楽しめる場となっています。

ようびは、4棟の宿泊棟のうち、「YOUBI棟」の建築設計及び施工管理を担当させていただきました。

担当した古民家が養蚕をしていた家庭だったため、その歴史を汲み取り、蚕の繭を模した寝室や瞑想スペースを製作。地元の竹を使って骨組みをした、白く、柔らかな曲線で包まれる空間は、まるで自分が生まれ変わるような、 非日常的な感覚を味わえます。

回収の際に出た土をキッチンカウンターの什器に使用したり、茅葺の屋根の茅を、壁を塗る際に刻んで入れるなど、限られた予算と時間の中で、地域にある素材を新しい形で生かすことも大事にした、伝統と新しさとを融合させたデザインを実現しました。

完成:2021年
所在地:兵庫県佐用郡佐用町
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:宿泊施設
構造:木造2階建て
建築面積:157.93㎡
延床面積:173.45㎡
事業者:株式会社glaminka

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

大自然の中のアウトドアサウナ
「ume, sauna」

ume,saunaは、奈良県山辺郡山添村という小さな村にあります。
空に浮かぶような高台にある竹林に囲まれた古民家宿 「ume,yamazoe」に作られた、自然と一体となるようなロケーションのアウトドアサウナです。

ようびは、建築設計及び施工管理を担当させていただきました。

山添村産の杉の角材を使い、天然の塗料で染めたサウナ室内では、「木から宿った生命(火)で、めざめる」という想いから、地域産材を活用した薪ストーブで室内を温めています。
特産の大和茶のロウリュの香りが優しく漂い、自然光の入り方やライティングにも意匠を凝らした、落ち着いた静寂な空間です。

極め付けは、大自然の中で外気浴のできる屋上ウッドデッキ。
木々のざわめきを聴きながら、ときには雲海が見られるような、唯一無二の幻想的な風景を楽しめる、ここでしか体験できないサウナとなりました。

完成:2020年4月
所在地:奈良県山辺郡山添村
設計監理:ようび建築設計室
施工:ようび
用途:サウナ
構造:木造平屋建て
建築面積:7.22㎡
延床面積:7.22㎡
事業者:株式会社梅守本店

previous arrow
next arrow
Slider



焚き火に集う宿泊型ミーティング施設
〔TAKIVIVA〕



群馬県 北軽井沢のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」。
2020年9月、焚き火に集う独創的な宿泊型ミーティング施設「 TAKIVIVA」をオープンされました。
ようび建築設計室 は施設内の「SHELTER」と「ReGo」を設計・施工させて頂きました。

「SHELTER」と「ReGo」は築33年のコンクリート造の建物をリノベーションした施設の1階と2階に設置。
1階の「SHELTER」はチェックインの機能を持つ場であり、焚き火を囲むプリミティブで非日常的な屋外空間と繋がる前の、導入の場として設計しました。
都会から来る人々にとって親しみのあるアーバンな雰囲気であることと、天井を取っ払う、開口部を大きく開けるなど、
外部との行き来がしやすい開けた空間であることを意識しています。

2階のREGOは宿泊施設。「静かに内省できる空間」を意識し、天井高をギリギリまで下げる、
光を出来るだけ落とし暗くする、などで洞窟感を演出し、自然と自己との対話が始まるような環境に設計しました。

他にも、運営元である「有限会社きたもっく」様の事業の一環でもある「地場材から薪エネルギーを作り活用する」
を当建物でも実現するために、薪ボイラーを導入。施設内の暖房と給湯を薪エネルギーで賄っています。

それぞれの要素が複雑に絡み合い、利用者の創造性を引き出し新しい可能性
を紡ぎ出す。今までにない価値を生むことが出来る施設となりました。

完成:2020年8月
所在地:群馬県吾妻郡長野原町
事業者:有限会社きたもっく








previous arrow
next arrow
Slider




「未来発火点」 焚き火に集う宿泊型ミーティング施設
〔TAKIVIVA〕

焚き火には、私たちを変える力がある。

群馬県北軽井沢のキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」。
「焚き火は人と人との本質的なコミュニケーションを促し、ポジティブなエネルギーの連鎖を生み出すことができる。」
四半世紀に渡る運営を通して得た確信を元に、焚き火に集う 独創的な宿泊型ミーティング施設「 TAKIVIVA」をオープンされました。

ようびはメイン施設となる建物の建築・家具・デザイン・アートの
トータルな デザインを担当させて頂きました。

キャンプ場でナラの薪が使われていることから、ナラ材で家具を製作。
屋外でも使える、持ち運びできる、みんなで座れる、組み合わせを変えられるなど、
様々な立場の人が集まり意見を交わすミーティング施設ならではの、
コミュニケーションが活発になるような仕掛けを散りばめた家具群です。


完成:2020年8月
所在地:群馬県吾妻郡長野原町
事業者:有限会社きたもっく

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider
鮮やかな絵画のあるエントランス空間のソファセット
株式会社西村工務店様


自然が美しく豊かな兵庫県 美方郡 香美町にて事業をされている株式会社 西村工務店様。
社屋を新設される機会に、エントランス空間の応接用ソファセットを納めさせて頂きました。

お客様をおもてなしする空間であることから、ソファ座面の奥行きは深く、ゆったりと座れるように。アームレストには伝統的な組手、
「蟻組継ぎ」を取り入れ、重厚で高級感のある雰囲気を出しました。ソファ・テーブル共に木部は地元産材を使用し、
家具自体に地域との繋がりと物語を持たせました。

地域の自然と人、未来をイメージした鮮やかな絵画と共に設置させて頂き、新しい風を感じる魅力的なエントランス作りにお力添えすることができました。

完成:2020年6月
所在地:兵庫県美方郡香美町
事業者:株式会社西村工務店様

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

木のぬくもりを感じるオフィスの木質化
NTTデータ

NTTデータ様のオフィス空間の改装プロジェクト
株式会社ルリエ様とコラボし、ようびは家具のデザイン、制作を担当させていただきました。

「モリヲツクル」をコンセプトに
自然と都市の距離を縮めたオフィス空間。

パーテーションデスクの天板や椅子は、ルリエ様の本社がある鳥取県智頭町の森で育ったヒノキからできています。
森に生えているナチュラルな木の風合いをそのままオフィスに取り入れ、
自然のリラックス効果を得られるよう、撥水をしながらもヒノキ本来の肌さわりを楽しめる塗装を施しました。

完成:2020年
所在地:東京都港区
事業者:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

横浜駅の新ランドマーク
[JR横浜タワー]

JR横浜タワー アトリウムビルの2F〜4Fほぼ全ての家具を
stgk inc.様中心に、COTONA Inc.様と共に
デザイン、制作させて頂きました。

約80点を超える、オリジナルファニチャーは
無垢材とフラッシュ材を使い、
コンセプトである「横浜文化の積層」を表現。

2Fから、上の階層に行くごとに
横浜を、より楽しむ時間を
人のたまり方、歩く速度、ディスプレイ
座る時間が、空間と家具で変化するように
デザインとカラーで演出しています。

完成:2020年6月
メインデザイン: stgk inc.
デザイン/ディスプレイデザイン/サインデザイン : COTONA Inc.
家具デザイン/制作: ようび
建築デザイン: JR東日本建築設計
施工 : 株式会社 竹中工務店
写真 : 奥村浩司 (Forward Stroke Inc.)

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

西粟倉村 新複合施設のコミュニケーションデザイン
[あわくら会館]

役場、図書館、生涯学習の機能が一体となった、岡山県西粟倉村の複合施設「あわくら会館」

ようびは、全期を通して、インテリアの総合ディレクターおよび家具製作を担いました。

2020年4月に、まずは第一工区が完成し、図書館機能・カフェコーナーや図書スペース、親子の憩いのひろばがオープン。

そして、2021年6⽉、役場執務室や多⽬的ホール、会議室や集いの空間などが完成し、
総合的な機能を持つ合同庁舎としてフルオープンしました。

ようびは、施設のロゴマーク、館名板、館内サイン計画などもデザイン、制作させていただきました。

施設のロゴマーク「山笑う」は、
 ● ビジョンである「あつまる、つながる、やってみる」を行い、
  その結果、誰もが “ 笑顔 ” の場所になること
 ● 西粟倉のシンボル村のマークにもなっている “ 山 ”

笑顔 + 山
= 西粟倉全体が一つの大きな笑顔になる願いを、 「山笑う」という季語に乗せて表現しました。

色は針葉樹の力強い山の緑をイメージし、
全体を形づくるラインは途切れずひとつながりになることで
村の過去から未来へのつながりを表しています。

館内のサインは村内に暮らす生き物をモチーフにしたり、村の檜を用いて制作しています。

また、役場執務室や多⽬的ホール、カフェコーナーや、各スペースの内装家具のデザイン、制作もさせていただきました。家具詳細はこちら

null

完成:2020年
所在地:岡山県英田郡西粟倉村
事業者:西粟倉村役場
建築:株式会社アルセッド建築研究所

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider

村の木を用いた西粟倉村 新複合施設の家具
[あわくら会館]

役場、図書館、生涯学習の機能が一体となった、岡山県西粟倉村の複合施設「あわくら会館」

ようびは、全期を通して、インテリアの総合ディレクターおよび家具製作を担いました。

2020年4月に、まずは第一工区が完成し、図書館機能・カフェコーナーや図書スペース、親子の憩いの空間がオープンしました。

そして、2021年6⽉、役場執務室や多⽬的ホール、会議室や集いの空間などが完成し、
総合的な機能を持つ合同庁舎としてフルオープンしました。

⻄粟倉産の木材をふんだんに活⽤し、空間のコンセプトに合わせて作られた、木のぬくもりを感じる家具と優しい色合いのファブリックが、みんなが集まる場を心なごむ、居心地の良い空間へと演出しています。

村⺠、役場職員、設計事務所、
社内外の様々な⼈々が⼀丸となって関わり完成させた、「⻄粟倉の今」を代表する新しい形の複合施設です。

また、館内板、施設ロゴ、館内サイン計画デザイン、什器等のデザイン、制作にも携わらせていただきました。詳細はこちら

null

完成:2020年
所在地:岡山県英田郡西粟倉村
事業者:西粟倉村役場
建築:アルセッド建築研究所

previous arrow
next arrow
Arrow Arrow
Slider
企業と学生の密接な関係が始まる就活支援施設のブランディング・家具制作
AGITATING POINT

 

 岡山の人の繋がりを作る会社コミュニティラポールの就活支援施設〔AGITATING POINT〕のブランディングおよび施設内家具を担当させて頂きました。
ロゴマークは企業、学生の間に入り、三者で後悔の無い最良のマッチングをするというビジョンを、三つ丸の重なった家紋をモチーフに表現しました。
空間を彩るオーダー家具は、岡山県産のヒノキを使って、三つ合わせるとロゴの形になる丸テーブルや、
アジト感溢れるレンガ調のカウンターとシェルフで明るいアジトを目指しました。
企業と学生の密接な関係が始まるアジトの様な就活支援施設を作りたい。ご依頼者様の熱い想いをデザインに反映しました。
 
完成:2019年
所在地:岡山県岡山市
事業者:一般社団法人Community rapport